アトランティス大陸の不思議

約9,000年前にとても強力な古代国家があったが、この国はヘラクレスの柱(The pillars Hercules: ジブラルタル海峡の入口にある岬につけられた古代の地名)後方の大きい島に位置し、その島をアトランティスだと呼んだという。

伝説上にだけ伝えられるアトランティス大陸はギリシャ哲学者プラトンが残した二編の対話録(ティマイオス、クリティアス)により伝えられている。 対話録は西側に位置した巨大な島がアテネ人によって征服された後ある日消えたと記述している。 この言葉が事実に土台を置いた記録ではないならばプラトンは嘘つきではないか。

アトランティスは人類が最初に文明を起こしたところで多くの人口を率いていたし、これらが全世界に広がってメキシコ湾、ミシシッピ川、アマゾン川、地中海、ヨーロッパ、アフリカの西岸、バルト海、黒海、カスピ海など周辺の国家で文明が伝えられたという。 古代ギリシャである、フェニキアである、インド人などが崇拝した神々はアトランティスの王や英雄の名前であり、アトランティス人によって建設された最も古くなった植民地はエジプトであることという推定もある。

アトランティス大陸が実際に存在したとすればその位置はどのあたりであろうか?

vmd1気にならざるをえない。 数多くの人々がアトランティス大陸の存在と位置に対して多様に主張してきたし、彼に関する本も世界的に何と5,000冊が超えて出てきた。 アトランティス大陸が大西洋にあったという主張が最も多いが地中海に位置したという主張も侮れない。 ある者は太平洋まん中あってとの主張もしたがそれほど信頼性はないように見える。 プラトンはアトランティスが大西洋真ん中にあったと主張した。 そのために多くの探検家が大西洋を真剣に探査したし、アメリカ大陸が発見されるとすぐにそちらをアトランティスだと解釈する人もいた。

今日考古学界ではアトランティス大陸を加工の大陸と見なしたりそうでなければ青銅器時代のクレタで繁盛したミノ文明の映画を童話的に表現したことと見なす見解が一般的だ。 神罰を受けて沈没したという楽土‘アトランティス’の伝説は地球が滅亡する時まで人々の話の種に残るだろう

2014年5月13日

このページの先頭へ